高速バスを利用して名古屋へ行く

  • 尾瀬ツアーの種類について

    • 福島、新潟、群馬の3県にまたがる尾瀬は、尾瀬ヶ原を中心として国立公園に指定されており、日本百景に選定されるなど毎年多くの観光客が訪れます。

      旅行会社によって多くのツアーが企画されており、種類によっては手軽に尾瀬を楽しむことができます。
      ツアーの種類は、各地からの朝発・夜発を利用した日帰りによる方法と、山小屋への宿泊を伴うツアーの2つがあり、モデルとなるコースも数多く提供されています。
      一般的には、福島県側からのコース設定は少なく、多くは群馬県側となる鳩待峠、大清水が起点なります。
      1つの例としては、朝発の場合には1日間日帰りとして企画されており、鳩待峠から尾瀬ヶ原の散策を経て起点へと戻る、初めての人でも楽しむことができるコース設定が行われています。



      また、夜発の場合には2日間日帰りとして企画されており、この場合には、鳩待峠と大清水の2つのコースから選ぶことができます。
      大清水起点では、沼までの散策が楽しむことができ、鳩待峠とは違った道を歩くことになります。



      山小屋の宿泊があるプランは、ツアー会社によっても異なりますが内容を自由に選べるものが多く、例えば、15ある山小屋から自由に選べることや、到着時の朝食弁当の有無、1泊か2泊を指定することができます。

      また、鳩待峠を起点として大清水を終点にしたり、その逆のコース設定をすることもでき、十分に尾瀬を堪能することができます。
      山小屋利用の共通点としては、相部屋と個室が設けてことと、ほとんどで入浴が可能な点があります。
      ただし、自然保護のためにシャンプーやリンス、石鹸の利用は禁止されていることを理解しておく必要があります。

      東海でスキーに関する情報を紹介するサイトです。